矯正歯科コラム

2020.02.14

一期治療を行う症例③ 6歳臼歯の位置異常

乳歯が虫歯になり、抜けたり欠けたりしているのをそのままにしていませんか? 乳歯は永久歯が生えるための場所取りをするための重要な役割があります。
永久歯でいちばん最初に生えてくる6歳臼歯(第一大臼歯)は乳歯列の一番奥に萌出します。そしてその後、時間をかけて残る乳歯10本が同じ数の永久歯に生えかわってゆきます。

乳歯が早く抜けた場合、第一大臼歯が本来の場所より前にずれて出てくることがあります。そうなると、その後に生えてくる永久歯のスペースが少なくなり、歯ならびが悪くなったり、最悪の場合は、永久歯が埋伏(生えてこずに顎の骨の中に埋まったままになる)したりすることにつながります。
こういったケースでは、一期治療で第一大臼歯を本来の位置までもどす必要があります。

紹介したケース以外にも、乳歯を早期に失うことで、奥にある歯が手前に倒れて、後から生えてくる永久歯の場所をふさいでしまうことは多くあります。
乳歯だからといって甘く見ずに、しっかりと管理をしていきましょう。

2020.02.14

一期治療を行う症例② 開咬

上下の歯の咬み合わせが垂直的に開いていると前歯でものをうまく咬みちぎることができなくなります。また、サ行などの発音がしにくいと心配されて来院される方も多くいらっしゃいます。
このような咬み合わせでは、嚥下まで含めた口腔機能全体に支障が出やすいので、子どもの時期に改善することが望ましい不正咬合です。
指しゃぶりや、舌を前に突出させるような不良習癖によって開咬になることが多く、矯正装置を使った物理的・機械力によるアプローチだけでなく、習癖除去などのトレーニング・機能面からのアプローチが必要なケースがあります。

上下の顎の距離が垂直的に離れていたり、習癖のコントロールが十分にできないこともあるため、治療後の予後が不安定になりやすく、また、歯と顎の大きさのずれなど、他の原因による不正咬合を併発して二期治療が必要となるケースが多いです。そのため、長期的な成長変化の見極めなど、適切な診断を行ってから治療を行うことが望ましいと思われます。

2020.02.14

一期治療を行う症例① 下顎前突(反対咬合)

上下の前歯の咬み合わせが前後的に逆のため、見た目も悪く、お子さんの状態を心配されている親御さんも多いのではないでしょうか。
症例にもよりますが、永久歯の前歯が上下4本生えそろう頃が治療開始に適した時期です。
治療の予後(経過)は、上下の顎の位置関係に問題があるかどうかによるところが多いです。

顎の位置関係に問題がなく、単に歯が生える向き(傾き)だけが問題の場合は、一期治療だけで治療が完結できる可能性が高くなります。治療後はそのまま永久歯列が出来上がるまで経過観察します。再度反対咬合にならなくても、デコボコなど、ほかに治療すべき問題があれば二期治療を行います。

骨格的な問題がある場合は、一期治療で咬み合わせを改善しても、その後の成長過程で反対咬合が再発しやすくなります。この場合は再度二期治療で反対咬合に対する治療が必要です。
再発するなら一期治療は不要ではと思われるかもしれませんが、子どもの時期に一旦咬み合わせを改善することで、咬み合わせの悪さから生じる歯への負担や上顎の成長阻害をできる限り減らすという効果が期待できます。

乳歯列の反対咬合は、骨格的な問題がなければ前歯の生え変わりで自然となおることがあります。骨格的な問題がある場合でも少し待てば一期治療ができる時期になりますから、無理にあわてて治療を行う必要はないと考えております。
ただし、審美的な理由など、早期に治療を必要とするケースもありますので、咬み合わせが気になった時点で相談にお見えになるのが良いと思います。

1 2 3
096-323-3030 カウンセリングの
ご予約はこちら
一番上に戻る