矯正歯科コラム

2020.05.13

なぜ矯正治療で歯が動くか?

前回は、矯正治療でなぜ歯が動くか、生体改造のメカニズムの観点から説明しました。今回はどうやって目的にかなった方法で歯牙移動をさせるか、装置の特性から説明したいと思います。

矯正治療では、上下の歯をきちんと咬合させるため、歯槽骨に埋まっている部分まで含めた歯の全体を動かします。動かすための力は歯の見えている部分にしかかけられない反面、歯の重心の位置は歯根の奥の方にあり、ほとんどの状況でかけた力に対して力学的にいうモーメント(回転)が発生します。そのため、歯の見えている部分に、ただ押したり引いたりする力をかけるだけでは、左の図のように歯は傾くようにしか動きません。

現在主流となっている矯正装置は、ワイヤーの力を歯の表面に装着したブラケットという装置を介して歯に伝えるものです。この装置は、歯根まで含めた歯の全体をコントロールできるように作られています。

例として、下図にある右端の歯を左に動かすことを考えてみましょう。
歯に左方向の力をかけた場合、一旦は傾斜しますが、ワイヤーが傾斜に合わせて変形し、立て直す力がかかります。その結果、あたかも歯がワイヤーの上を滑るように全体が平行移動するような動きができるのです。

ブラケットには歯の表面に対して垂直な四角い溝がついており、溝とぴったりとかたちの合うワイヤーを入れることでねじれの力を発生させ、歯根を動かす力とすることもできます。これを応用すれば、傾きを調整しながら前歯を後方に移動させることが可能になります。

こうした歯の移動は取り外式の装置では難しいものです。治療の質を優先するため当院では原則すべての症例でブラケットの装置を使用して治療にあたっています。

2020.05.13

なぜ矯正治療で歯が動くか?

矯正治療でどうして歯が動くか、疑問に思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。実際に、患者さんから質問されることも多いです。
今回は簡単にその仕組みを説明したいと思います。

1.歯と歯周組織の構造
歯は、歯根膜という繊維性の組織を介して歯槽骨に支えられています。歯根膜の厚さは0.2〜0.3ミリ程度で、外力がかかった時に歯が適度に動けるための緩衝作用を果たしています。

2.歯に力をかけたとき
歯を図のように右方向に動かす力をかけた時、圧迫された方の歯根膜は縮み、引っ張られた方の歯根膜は伸びます。

3.歯槽骨が改造していきます
歯根膜の厚みを一定に保つため、圧迫された側の歯槽骨の表面に破骨細胞(骨を壊す細胞)が、引っ張られた側には骨芽細胞(骨を作る細胞)がそれぞれ出現し、骨が改造されていきます。

4.矯正治療はこの反応の繰り返しです
矯正治療が終わるまでこの反応が繰り返し起こり、歯が少しずつ目的の位置まで動いていきます。

2020.05.13

その矯正治療、本当に必要ですか?

前回まで数回にわたり、子どもの時期に行う矯正治療の症例についてお話をしてまいりました。紹介した症例以外にも一期治療が必要と判断されるケースはあり、患者さんの状況や要望によって個別に判断するのが良いでしょう。

矯正治療のゴールはあくまでも永久歯列で整った状態です。前出の通り、一期治療は使用する装置が簡便で期間も短いため、簡単に行うことができる印象がありますが、将来の顎骨の成長や歯列の変化を見通し、有益性を判断した上で行う必要があるためかえって難しいのです。

歯ならびが気になるからとりあえず並べておきましょう、拡大しましょうといった治療には注意が必要です。どんな症例でも早く治療した方が良いとか、顎を拡大すれば抜歯しないで治せるということは決してありません。

矯正治療にはデメリットもあります。装置をつけること自体がお子さんの心身の負担となりますから、結果が伴わないのであれば、余計な一期治療はしないようにしたいものです。診断の結果、一期治療の有益性が見いだせないと判断されれば、永久歯列まで待つという勇気や決断も必要です。

1 2 3 4 5
096-323-3030 カウンセリングの
ご予約はこちら
一番上に戻る