こどもの矯正歯科

治療開始時期

こどもの矯正永久歯への生えかわりの途中の、お子様の矯正治療をいつ始めたら良いか、疑問に思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
矯正治療のゴール(目標)は、歯と顎の骨のバランスが取れたきれいな歯ならびや機能的なかみ合わせ、歯列と調和したきれいな口元を、永久歯列の状態でつくることです。
目標を設定し、その目標の達成のため、早期に介入(治療)するのが好ましいかどうかを、お子様の歯ならびや、顔かたち、今後の成長などを考えながら慎重に判断します。

一般的に、こどもの矯正を行った方がよいのは次の場合です。

  • 早期に治療することで、永久歯になってからの治療が不要になる場合、または軽減できる場合
  • 歯ならびや咬み合わせが悪いことで、歯や歯ぐきに損傷を与えていて、放置しない方が良い場合
  • 顎の成長に悪影響を及ぼしている場合

 

こどもの矯正

治療時期の年齢の目安

「早期発見・早期治療」が推奨される風潮があるようですが、すべてのお子様に早期治療が必要というわけではなく、永久歯が生えそろうまで経過観察を行ってから治療を始めた方が良い人もいます。逆に早期治療を行わなかったことで決定的に手遅れになるということも、歯が埋伏している(生えてこない歯がある)など、特殊な状況を除いてほとんどありません。

一旦こどもの時期に介入を行った歯科医師は、永久歯列期までの管理に責任を負うべきと考えております。そのため、結果を伴わない不要な治療は行いません。とくに、将来歯ならびが悪くなりそうだからという理由だけで、歯列を安易に拡大するようなことはしません。

ただし、早期治療が不要と判断されても、将来の治療に悪影響がおきないよう、生えかわりなどの経過観察を行うことを、当院では推奨しています。
日本歯科矯正専門医学会(JSO)は、歯科矯正分野で初のガイドライン「上顎前歯が突出した小児に対する早期矯正治療に関する診療ガイドライン」を発表しました。小児期の矯正治療に関する客観的な指針が示されております。ぜひご覧ください。
http://www.jso.or.jp/html/aboutjso/guideline.html

実際の開始時期は、お子様の不正咬合の状態によるため、単純に判断のつくものではありません。気になる場合は、いつでもお気軽にご相談ください。

治療期間

治療の内容によりますが、歯を動かす期間だけで半年~1年程度かかります。
その後、後戻り防止のための保定装置を半年~1年程度使用することがあります。
詳しくはご相談ください。

症例

子供の時期の矯正治療を行うだけで、その後の治療が不要となったと考えられる症例

①:子供の時期に、前歯の反対の咬み合わせを改善する治療を行う。

②:装置除去時(5ヶ月の治療期間)

③:その後の経過観察で、生えかわりと歯ならび、咬み合わせに問題がないことを確認して終了(治療後3年)

096-323-3030 カウンセリングの
ご予約はこちら
一番上に戻る