大人の矯正歯科

大人の矯正治療について

大人の矯正治療について永久歯が生え揃ったおおよそ中学生以降の方が対象の矯正治療です。特に年齢制限はなく、歯や歯ぐきが健康で、歯磨きがしっかりとできる方であれば、何歳でも治療をすることができます。
また、子供の時期に治療を行ったのち、永久歯が生え揃ってから再度大人の矯正治療が必要になる方もいます。 矯正治療は、ただ歯並びを整えるだけではなく、咬み合わせや口元の外観を改善することも大きな目的です。
まずは、ご相談ください。

矯正治療を行うメリット

矯正治療を行うと多くの良いことがあります。
その中のいくつかをご紹介します。

虫歯や歯周病になりにくくなる

歯並びが悪い場合は歯磨きがしにくいため、汚れが残りやすくなります。そのため虫歯や歯周病になりやすいと言えます。
また、前歯が前傾して口を閉じるのが困難な方は、口腔乾燥によるトラブルが起こりやすいと言われています。

咬み合わせが良くなる

食べ物を噛み砕く能力(咀嚼能力)が向上するとともに、顎関節への負担が軽減し、顎関節症の症状悪化のリスク軽減が期待できます。
また、開咬下顎前突など、特定の歯だけにかみ合わせの負担が集中したり、不適切な咬合力が歯牙にかかったりする不正咬合では、適切な咬合力を与えることで、歯を早期に失ってしまうリスクを減らす効果も期待できます。

口元が綺麗になる

前歯を、顔の前後的に適切な位置に後退させることで、口元を綺麗にすることができます。
上下顎前突など、一見歯ならびや咬み合わせに問題のないケースでも、口元の改善のために矯正治療を行うことがあります。
口元を綺麗にするため、どれくらい前歯を後退させる必要があるかは、人によって異なります。また、顔のかたちによっては充分に前歯を後退しても、希望通りに口元を改善できないケースもあります。そのため、治療前の検査・診断で治療後の仕上がりの状態を予測し、説明に納得をしていただいた上で治療を開始していきます。

抜歯・非抜歯について

抜歯・非抜歯について歯並びが悪い人はあごの骨の大きさと歯の大きさのつりあいがとれてない場合が多いようです。
小さなあごの骨に大きな歯がはえれば叢生(乱ぐい歯)になったり八重歯になったりします。こんな時には歯の数を減らしてあごの大きさに合わせなければなりません。
また、上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)の場合も歯を抜いて、上の歯と下の歯の咬み合わせを治すことがあります。前歯が前傾していることで口元の外観を損ねているよう場合も、前歯の位置を後退させるために抜歯をすることがあります。

before after 抜歯を行い前歯を後退させたことにより、自然に口を閉じることができるようになった例。

矯正治療の副作用・リスク

歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります
長期に装置を装着することから、歯の磨き残しがあると虫歯、歯肉炎、歯周炎になるリスクがあります。
患者さんの協力(定期的な来院、口腔ケア、矯正装置の使用など)不足によって、計画通りに治療が進まなかったり、綺麗に仕上がらなかったりする場合があります。
極めて稀に、歯とそれを支える骨が癒着していることで、矯正力をかけても歯が動かないことがあります。

096-323-3030 カウンセリングの
ご予約はこちら
一番上に戻る